2013年06月29日

核酸B液 2回目田んぼへ

アサヒステップ有機肥料を溶かして 核酸B液を入れ一昼夜置き翌日田んぼへ流し込みします。
核酸米は除草剤を1回のみ使用してます。田植後10後位に除草剤を散布しますが
以前に収穫後の核酸米を残留農薬の検査をした事がありましたが、残留農薬は検出されませんでした。 
k5.jpgk4.jpgk6.jpg




posted by qurio at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

核酸B 田んぼへ

核酸B液を代掻き時投入し田んぼ一面に攪拌し土壌中の微生物の活性化につなげます。
k2.jpgk2a.jpgk3a.jpg



posted by qurio at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

苗にも核酸

育苗時期にも5000倍で核酸B液を2回散布

3c.jpg9a.jpg

posted by qurio at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

核酸 種蒔き作業

種蒔き作業です。
3.jpg5a.jpg

posted by qurio at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

核酸米始まり〜

稲の種子の消毒です、消毒と言っても薬品を使いませんヨ!
60度のお湯にきっちり8分種を浸け、すぐ冷水で冷やし完了です。
消毒しないとバカ苗という稲になり実がなりません。種子の感染症みたいなものです。
種モミには、無農薬栽培と同様の北海道の八雲地方に2000千万年前のカミオニシキ貝の風化石(古代のソマチッド)と
 ブラックシリカ(北海道の道南地方、上ノ国町でのみ採掘される天然鉱石で、数億年前に珪草類が堆積してできた天然鉱石。常温でも遠赤外線を強力に放射するという優れた特性をもつ
等を使い数日間 種もみを低温水に浸けます。

3a.jpg2.jpg1.jpg3a.jpg
posted by qurio at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 核酸米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。