2014年01月11日

持続可能なヘンプ断熱材にドイツ環境賞

Global Press
日本もこのような社会環境になればいいのね〜

川崎陽子 より
川崎陽子 持続可能なヘンプ断熱材にドイツ環境賞
2013年12月27日
ヨーロッパ 地球環境

 古い我が家の省エネ対策のため、断熱効果を高める工事をすることになった。だが、作業者の労働安全や自分自身の化学物質過敏症、それに将来廃棄物となった場合の高い処理代などを考えると、大手のホームセンターなどで販売されているグラスウールなどの人造繊維は、とても使う気にはなれなかった。筆者は90年代、当時ドイツで草分け的だった環境学修士課程で、「人間も環境の一部だから」と設置された必修科目の「労働安全」を学んだ。以来、労働環境や健康被害に関して特にこだわるようになった。
詳しくは
http://webronza.asahi.com/global/2013122600005.html
posted by qurio at 10:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。