2013年07月19日

JAS有機認証の検査



18日、JAS有機農産物の圃場及び施設、提出書類の検査日でした。
JAS有機農産物とは公的な第三者が検査し認定するシステムで、有機認証協会から検査員が来て状況チェックをしていきます。
JAS認定農産物は農薬は一切使用不可・化学肥料も不可有機肥料も原材料に化学物質が入っていてもダメ、田んぼの回りの排水などにも除草剤の使用がないかチェックなどなど、毎年このような検査をしています。
検査料も8万〜10万ほどかかり 正直メリットが見えない
農林水産省が大元だが傘下の有機認証協会団体も認証するのみなので
消費者にはJAS有機農産物の存在が殆ど知らされていないので
生産者が広めていくしかないのが現状でもあるので限界ある

無農薬栽培は続けてもJAS有機の認定の方向性は見直す時期かも・・・・
3年前確認の為独自調査をした結果
JAS有機のシールの存在を知るお客様はいなかった

奇跡のりんごの木村さんや宇宙からニンジンの九州の赤峰さんのような栽培技術の行って行くと違う事が見えてきた。
718a.jpg718b.jpg718.jpg
posted by qurio at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。